鞍馬の山川 子どもたちの川体験交流

 少しブログ更新が滞っていて、ごめんなさい。もう風はすっかり秋ですね。この夏の活動報告を、ぼちぼちとしていきます。

 まずはじめは、鞍馬川歩き。
 8月4日、夏真っ盛りの時期に、涼しい鞍馬へ行ってきました。今回は、鞍馬小学校の子どもたちとの交流もでき、実りの多い1日となりました。

 出町柳駅に集合し、まずは鞍馬山へ出発!
e0008880_18192312.jpg
 今回は、途中までケーブルで移動しました。「ケーブルって何?」と、ケーブルに乗ったことのない子どもは興味深々。
e0008880_18202473.jpg
 気持ちの良い参道を歩いて、頂上に到着。
e0008880_18203576.jpg

e0008880_1828295.jpg
 お昼休憩です。外で食べるご飯は美味しいね。こんなにお天気がいいと、なおさらです。

 自由時間では、のんびり座っている子どももいれば、山道を歩いて義経も喉を潤したといわれる湧き水を探しにいく子どもも。
e0008880_18213422.jpg
 「この水、飲めるの?」と、不安げな鞍馬初体験の子ども。以前にも訪れたことのある先輩の子どもが「めっちゃおいしいで!」とすすめていました。結局は、全員が湧き水の味を楽しんでいたようです。前に来た時よりも、出てくる水の量がかなり減っていました。ちょろちょろと辛うじて出てくる水のそばに、こんな札が。
『雨が少なく、水が止まっています。残念で淋しいことです。地球環境の変化でしょうか?お水を大切に!!』

 鞍馬山では、手水舎(てみずや)や蛇口など、水が出てくるところに『お水さんありがとう』と書いてあります。「水」に「お」がついているのは、敬意のあらわれでしょうか。そして、「さん」には、水に対する親しみが込められているような気がして、素敵な言葉だなと思います。


e0008880_1822879.jpg
 休憩のあとは、お参りをして、ゆっくり下山。これは、由岐神社の大きな木です。

 午後からは、鞍馬小学校の子どもたちとの交流です。教室で少し自己紹介をして、近くの二ノ瀬川へ。
 水がとっても冷たかった二ノ瀬川。冷たいので、はじめ子どもたちは水に浸かろうとしません。そこへ塚本さん、誰よりも先に、少し段差のあるところに横たわり、川の流れにのって、ざぶーん。子どもたちはそれを見て、大笑い。「私もしてみたい~!」と、子どもたちは次々と川の流れに身を任せて楽しみました。
e0008880_18231669.jpg

e0008880_18233237.jpg

e0008880_182485.jpg
 生き物を探す子どもいました。特にタニシがお気に入りらしく、たくさん集めて遊んでいました。


e0008880_18242861.jpg
 川遊びに夢中な子どもたちのなか、お兄さんの貴大くんは一人黙々と水質調査中。。。結果は、とてもきれいな水だったそうです。

 楽しい川歩きを終え、小学校の教室で、感想のやりとりをしました。
【子どもたちの感想より】
・ゆめか―川の水は冷たかった。生き物もいて、楽しかった。
・なつ―今までしたことがなかったから、(川の段差で)滑るのが楽しかった。
・ちひろ(鞍馬)―川にあんまり入ったことがなくて、流れが強くて楽しかった。今日は楽しかったから、よう寝られるわ!
・こうしろう(鞍馬)-タニシがとれて楽しかった。

 川遊びの「楽しい」気持ちを、こういった場で表現することは難しいといった意見もあり、「交流」の方法についても考えるところのある1日でした。
e0008880_18245271.jpg

 今回の川体験交流のために、鞍馬小の校長先生には、準備段階から何度もやりとりをしていただきました。また、当日は教頭先生と教諭の方にお世話をしていただきました。ありがとうございました。これからも、この繋がりを大切にしながら活動をしていければと思います。

mori



by kodomo-mizu-machi | 2009-09-17 18:28 | 活動報告

活動報告日記
by kodomo-mizu-machi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

子どもと川とまちのフォーラム

カテゴリ

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧