桂川河川敷にてカヤで基地づくり!

e0008880_7445825.jpg
2016年12月4日、桂川河川敷にてカヤで基地づくり!が企画されました。


この日は子ども11人、非会員(未就学児童)4人、保護者7人、計22人
スタッフ6人が参加しました




e0008880_23155221.jpg

京都府の桂川河川敷から大阪府淀川河川敷までヨシ、オギが群生しています。




ヨシ、オギ、チガヤは古くから日本人の生活に用いられてきました。茅葺の屋根や暑さをしのぐ葦簀等はその代表です。



イネ科の植物で地下茎で増えます。カヤネズミや野鳥の住みかとして河川敷の生態系の重要な役割を果たしており、自然浄化作用があるとされ近年湿地復原の研究もされています。




12月に入り冷え込む河川敷に竹が運ばれます。




e0008880_23262933.jpg

準備の間、秘密基地建設前の準備運動として、綱引きをしました。



力自慢の学生スタッフも交じり白熱の綱引き合戦。



骨組みとなる竹の準備が整いました。



いよいよ秘密基地の棟上げ。



e0008880_2327999.jpg


大人も子どもも掛け声に合わせて竹の骨組みを建てていきます。





骨組みが建った次は風をしのぐためにブルーシートで覆います。




e0008880_7464825.jpg

前日に切り出したカヤをブルーシートの周りに配置します。



そして、ついに秘密基地が完成!



e0008880_7483986.jpg


建設に関わった子どもたちの名前を入口に飾りカヤの秘密基地が落成!





e0008880_749679.jpg

秘密基地前で撮った集合写真では、自信に満ちた表情を見せ、まるで大工の棟梁集団かのようです。



こうしてみると秘密基地とも見えるし、遊牧民族のゲルのようにも見えます。




子どもたちにとってはワクワクする秘密基地、大人の目から見ると童心に返るとともに遊牧民の住居のようなおしゃれな作り。




e0008880_7512144.jpg


秘密基地でお昼ご飯を食べた後は、河川敷散策。



e0008880_7522885.jpg

カヤネズミの巣や植物調査、竹馬を作って遊んだりもしました。



竹馬って最近の子どもは乗らないものなんでしょうか?




大人になってみると乗れなくなるもので、子どもたちに教えられていました。




秘密基地を作りたい、私も子どもの頃憧れていました。都市化が進む中河川敷や森の中に秘密基地を作りというのは少なくなってきたように思います。



e0008880_7533243.jpg


集会場に戻ってこの日の振り返りをして、その後子どもの水辺の発表について話し合いました。



今年の活動を振り返り、2月の発表に向けて、子どもたちで話し合います。




秘密基地づくっりでは子どもたちのわくわくした感じを間近で見ることができました。秘密基地を建てるときもできたてお昼ご飯を一緒に食べるときも、ワクワクが止まりませんでした。童心に返り一緒に楽しみながら活動ができました。



かわい



by kodomo-mizu-machi | 2016-12-28 07:53 | 活動報告

活動報告日記
by kodomo-mizu-machi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

子どもと川とまちのフォーラム

カテゴリ

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル