かも川あるき

5月28日、今年度の活動第一回は京都の中心を流れる鴨川沿いを歩いて探索へいきました。

参加人数(子ども9人 保護者6人 スタッフ5人 学生スタッフ1人)


新緑美しい初夏のさわやかな陽気に包まれた京都・鴨川河川敷(通称鴨川デルタ)よりスタート!

e0008880_18520620.jpg




鴨川は京都市内を南北に流れ、三条や河原町のすぐそばを通り、桂川と合流し大阪湾へと至る川です。
古くは川魚を獲ったり、暑さをしのぐ川床など京都の文化をはぐくんできた川です。

e0008880_18523088.jpg
亀の飛び石を渡り向こう岸へ!(落ちないように気を付けて!)



e0008880_19040082.jpg
鴨川を渡り、糺の森、河合神社へお参りにいきました。
河合神社は美人守護の神社として知られ、女性の参拝が多くあります。
手を清め、神様に挨拶をします。

e0008880_19035179.jpg
e0008880_19040824.jpg
e0008880_19002065.jpg
河合神社や下鴨神社一体に広がる糺の森は、ケヤキやエノキなどを中心にムクノキ、イロハモミジ、カツラなど秋になると葉が色づき冬に落葉する落葉樹が多くある、京都の平野部の原風景の森だといわれているそうです。 糺の森には下鴨神社よりわき出た御手洗川(みたらしがわ)と、高野川の支流の泉川(いずみかわ)が複雑に交わりながら森中を穏やかに潤し流れていました。


e0008880_19024626.jpg
北山大橋で昼食をとります。北山大橋付近には半木の道というシダレザクラの名所があります。

e0008880_19064562.jpg
e0008880_19010450.jpg
京都土木事務所で京都府職員の方の話を聞きます。


鴨川は古くは暴れ川として有名でした。
白河天皇(1053~1129)は「鴨川の水と、双六の賽(さい)の目と、比叡山延暦寺の僧兵だけ
は思い通りにいかない・・」と嘆くほど鴨川は京都に住む人達に川魚や自然の恵みを与える反面、洪水を引き起こすなど脅威でもありました。

1935年(昭和10年)629日未明に発生した鴨川水害では死者12名・負傷者71名・家屋の全半壊482戸、37.2平方kmが浸水。このほか鴨川にかかる26橋のうち五条大橋など15橋が流失。三条大橋など上流の橋が流失して当時コンクリートアーチ橋の四条大橋に引っかかり川の流れをせき止め、あふれた水が先斗町へと流れ込み、翌朝には団栗橋・松原橋・五条大橋を倒壊させて正面橋をせき止めてさらに大きな被害を出しました。

「復旧工事ののち、水路(みそそぎ川)の高さから2m近く河道が掘り下げられ、五条大橋-塩小路橋間の京阪線の緑地帯を撤去して川幅を拡幅、落差数十cmの堰を数多く造り、川の流速を抑制する現在の姿になりました。

その後、京都市の交通渋滞緩和策として京阪線と琵琶湖疏水の地下化は、1979年に着工され19875月に地下化され、翌年5月に川端通が開通しました。

洪水時の写真や当時の体験談をもとに作られた映像を見て、改めて川の驚異を知ることができました。


これまでは鴨川デルタや橋から眺める美しい景色、河川敷の植物が四季折々の表情を見せるといった観光地としての鴨川としか見ていませんでした。今回、生態系の維持をするための中洲や寄洲の管理や暴れ川という歴史を持つ河川の改修の経緯など、京都の人々に大きな影響を及ぼしてきた一本の川としての鴨川を知ることができて知識の幅が広がりました。」
子ども達も川を歩き川で遊ぶことで川から多くのことを学んでくれたと思います。




投稿者:河合




by kodomo-mizu-machi | 2017-06-07 07:41 | 活動報告

活動報告日記
by kodomo-mizu-machi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

子どもと川とまちのフォーラム

カテゴリ

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧