子どもがつくる未来の川 車座会議Ⅴ 終了

 2月19日、みやこめっせにて、車座会議Ⅴを開催しました。今回の車座会議の準備は、企画も含め、子どもスタッフが活躍してくれました。当日のようすを報告します。

 会議当日、子どもも大人も、みんなで会場の準備中。
e0008880_12412949.jpg
 e0008880_12464185.jpg
 今までは「準備会」だった「子ども流域協議会(アクア☆キラリの会)」の立上げ宣言をしました。子どもたちを代表して、あゆちゃんが宣言文を読み上げました。趣旨はもちろん、「私達の流域再生」。





 次は子どもたちの発表。
e0008880_1256373.jpg
 京都市立朱雀第四小学校5年生のみんなは、紙屋川ゴミ0隊の活動などを発表してくれました。

e0008880_1259228.jpg
 フォーラムの子どもも発表。福井洪水調査ワークショップ、京北桂川ワークショップ、紙屋川歩きの報告をしました。これはまとめた模造紙を使って、福井ワークショップの報告をしているところ。

e0008880_1335461.jpg
 大阪府貝塚市立南小学校から来てくれたかわっぱたちの劇は、子どもたちがかっぱの助けを借りて龍王さまの謎を説いていくミステリー風。今回も面白い!
e0008880_15484143.jpg
 みんなでつくった冊子『川ってなんやろぅ?』をお披露目。国土交通省近畿地方整備局淀川河川事務所さんから、約1万5千部発行されることになりました。京都府下を中心に、広く子どもたちに使ってもらえることになったよ。

 午後はいよいよ、車座会議。まずは子どもの車座会議です。コーディネーターは子どもスタッフ3人娘さんたち。事務所や川歩きでは元気いっぱいの子どもたちも、いつもと違う雰囲気に緊張ぎみ。初めはなかなか手があがりません・・・。e0008880_15515918.jpg

 「きれいな川って、どんな川?」「緑があって、ゴミがなくて・・・」など、意見を交換しました。
  続いて、子どもと大人の車座会議です。はじめに、子どもも大人もみ~んなで、アブラムシダンス。これで楽しい雰囲気に。e0008880_15582932.jpg
 コーディネーターは、高校生のあゆちゃん、サブコーディネーターは松尾くん。
e0008880_16142830.jpg
e0008880_1623715.jpg
 「魚が暮らしやすい堤防」の絵を描く辻くんと、淀川河川事務所の吉田さん。
e0008880_161933.jpg 2重円、3重円の子どもたちも手をあげて発言。大人が困っている川のゴミ対策について、子どもからたくさんの面白い意見がでましたよ。ロボットを置く、「ゴミを捨てないで」という看板を全部なくす、川に集まる機会を増やして川をみんなの「玄関」に・・・などなど。

 盛り上がった会議のあとは、第4回世界水フォーラムに行く5人+水辺のサポートセンターから派遣の真由佳ちゃんが、メキシコでしっかり取材活動をすることを宣言しました。宣言文を読み上げたのは、小5の一真くんと小4の薫子ちゃん。e0008880_16242770.jpg
e0008880_163263.jpg
 お疲れさまでした~。会議終了後、交流会での1枚。

 子どもたちの手があがらなくてひやひやした場面もあったけれど、緊張がとけてからは活発な意見交換ができて楽しい会議になりました。来週は反省会だよ。

mori



by kodomo-mizu-machi | 2006-02-24 13:09 | 活動報告

活動報告日記
by kodomo-mizu-machi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

子どもと川とまちのフォーラム

カテゴリ

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル