高鼻川歩きで自然体験

 2007年5月13日(日)、京都市右京区の高鼻川へ川歩きに行きました。子ども14名、大人4名が参加しました。
 またこの日は、KBS京都で放送されている「目で聴くテレビ」の方が取材に来られました。

 高鼻川は、「川のはじまり」がある、自然に近い川。その分、危険もあります。川歩き前には、塚本さん(当フォーラム副理事長)から「お兄ちゃんたちは、みんなが安心して過ごせるように気を配ってね」とお話がありました。 歩きやすい道は少なく、細い土の道や川の中を歩いていきます。大人の私には恐い所もあったのですが、子どもたちはあまり気にしていない様子。むしろ「冒険」を楽しんでいました。足元に咲く、春の草花もきれいでした。

e0008880_20571364.jpg
 生き物さがしに夢中。

e0008880_20544845.jpg
 サワガニを発見。「手を噛まれた~」と笑顔で痛がっている子どももいました。




e0008880_20562872.jpg
 少し開けたところで、自由時間。靴を脱いで川に入ると、水はとっても冷たい。

e0008880_2103022.jpg
 それぞれでお昼ご飯。ぽかぽかと暖かく、自然の中での食事は最高です。

e0008880_212037.jpg
 輪になって、話し合いをしているところです。この日は聾唖の子どもたちと共に川歩きをする予定でしたが、残念ながら参加がありませんでした。しかし、「目で聴くテレビ」の手話キャスターである、大学生の奥村さんと交流をすることができました。
 子どもから「今日は一緒に川歩きをしてきましたが、耳が聞こえない奥村さんは、風や自然をどのように感じるのですか?」という質問が出ました。奥村さんは、「風や川の流れ、自然は肌で感じることができます。でも鳥の声は聴くことができません。今日は、とても楽しかったです」とお話してくださいました。
 「聾唖の方が、何をより感じることができ、何を感じることができないのか、そういうことを知るのはとても大切ですね」と塚本さん。
 その他には、手話にも方言があることや、「手話拍手」を教えてもらい、話し合いは盛り上がりました。

 気候が良く、とても気持ちの良い1日になりました。みなさん、ありがとうございました。お疲れさまでした!

mori



by kodomo-mizu-machi | 2007-05-23 21:18 | 活動報告

活動報告日記
by kodomo-mizu-machi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

子どもと川とまちのフォーラム

カテゴリ

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル