第2回近畿「子どもの水辺」交流会inびわ湖

 3/29、第8回川とまちの寄り合い会議が無事終了しました。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。こちらの様子は、後日報告させていただきます。

 今日は、報告がとても遅くなりましたが、3/1に行った滋賀県の模様です。
 久しぶりにすっきりと晴れた日曜日、第2回近畿「子どもの水辺」交流会に参加しました。会場は、滋賀県びわ湖。浜大津港に集合し、大型船ビアンカで出港! 船が大好きな子どもたち。もっと小さい船を想像していたらしく、ビアンカの大きさに、びっくり大喜びでした。

e0008880_19145493.jpg

 操縦室が見えるようになっています。意外と女の子の方が興味をもって見ていたような? 船内では、琵琶湖のお話やクイズなどが行われました。

e0008880_19154975.jpg

e0008880_19161644.jpg

 デッキに出て、自由時間。あらためて、琵琶湖ってとても大きいということを実感!広い空、まだ頭に雪をかぶった美しい山々、湖岸のヨシやエリ・・・すばらしい景色を堪能しました。本当にお天気で良かったです。

e0008880_19175294.jpg
 びわ湖博物館に到着。午後は、まずグループ別の発表会です。発表の前には、各団体のポスターをみてまわり、それぞれのポスターの横に用意された模造紙に、ポストイットで意見をぺたぺた。フォーラムの模造紙には、「みんなの意見が書いてあってすごい」というコメントがありましたよ。

e0008880_19233196.jpg

e0008880_1923056.jpg

 中学生の貴大くん、一真くんの元気な進行で、ポスターにまとめた「川ってなんやろぅ?」を発表しました。すこし緊張の面もち。
 「上流と下流ではすんでいる生き物に違いがありますか?」「どっちが生き物が多かったですか?」など、他の子どもが質問もしてくれました。実際に川をみてきた体験から、「上流には上流に棲む生き物が多いし、下流には下流に棲む生き物が多いです。どっちが多いというわけではないと思います」と貴大くん。塚本さんは、「みんな、なかなかやるなぁ」と感心していました。

e0008880_19245293.jpg

 ヨシ笛のミニミニコンサートのあとは、全体交流会です。司会は嘉田滋賀県知事と、伯母Qの中村先生(小学校教諭)。「わたしたちの水辺自慢」「水辺をどうしていきたい?」等のテーマで発表し合いました。ここでもみんなを代表して貴大くんが活躍。

 限られた時間の中で、たくさんの子どもたちが「交流」することは、とても難しいことです。今回の会は、発表や意見交換がしやすくなるような工夫が感じられて、大人たちも知恵をもち寄って頑張ってくださったのではないかと思います。

e0008880_19252494.jpg

 みんな気づいていましたか?? 湖国の味体験コーナーのすみっこに、ビワコオオナマズの子どもがいたことを。とっても可愛らしい顔でした!今度は琵琶湖博物館をじっくり訪れたいですね。

mori



by kodomo-mizu-machi | 2009-04-03 19:25 | 活動報告

活動報告日記
by kodomo-mizu-machi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

子どもと川とまちのフォーラム

カテゴリ

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル