<   2006年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧




総会終了報告です。

ようやく総会を開くことが出来ました。

8月29日「ウィングス京都」にて、会員、世話役、運営委員、監査役、事務局スタッフの21名の出席により開催致しました。幹事会からの推薦により、運営委員の鈴木康久さんが議長として選出され、その進行で、井手代表代行の挨拶の後、事務局長小丸からの昨年度事業報告、会計の桑原さんからの会計報告を行い、監査役の原田完さんから監査、承認を頂きました。次に、事務局長小丸より本年度の事業計画、予算案、新メンバーの発表を行いました。それぞれの議題に対し、出席者の皆様の承認を頂き、滞りなく、総会は終了致しました。総会の後の懇親会へは、19名のご参加を頂き、顧問の中川博次先生の乾杯の音頭で始まった会は、和やかな会となりました。

お忙しい中御参加頂いた皆様、これまでの活動を直接、間接に御支援、御協力頂いた皆様に、感謝申し上げます。今後のフォーラムのあり方につきましては、未だ模索中でございますが、規模を縮小する結果となりましても、質実な活動は継続して参りたいと願っております。今後とも、ご支援をよろしくお願い申し上げます。

小丸和恵
e0008880_15141794.jpg



by kodomo-mizu-machi | 2006-08-31 15:15 | 活動報告

夏休み桂川ワークショップ 2日目

ワークショップ2日目は、山歩きからスタート。目指すは「滝又の滝」です。京北在住で、NPO森守協力隊で活躍中の松本くんたちが案内をしてくれました。

e0008880_13333785.jpg
森守協力隊の余座さんに、この山の説明をしてもらっているところ。

e0008880_13393152.jpgこれが「滝又の滝」。とってもきれいで、気持ちいい。マイナスイオンいっぱいってかんじやね。

e0008880_13403629.jpg
森守協力隊の方は、大雨の時に流されてきて川に残ったままの木の枝や葉を撤去する活動もされています。フォーラムの子どもたちも、少しですが、お手伝いさせてもらいました。木の枝葉が川に残ったままだと、二次災害の原因になるそうです。

e0008880_13433041.jpg
午後は花背の川で、川遊び。大きな岩から飛び降りる遊びが大人気!順番待ちをしています。

最後に河原で話し合いをして、夏のワークショップは終了。「遊んで」「学んで」「考えて」「話し合って」、楽しい2日間を過ごすことができました。お世話になった皆様、ありがとうございました。

mori



by kodomo-mizu-machi | 2006-08-23 12:23 | 活動報告

夏休み桂川ワークショップ 1日目

 2006年8月13日~14日、夏のワークショップにでかけました。今回は京都府南丹市にある日吉ダムの見学と桂川源流部・上流部での体験学習です。子ども17人、大人10人が参加しました。

ワークショップ1日目。京都駅に集合して、マイクロバスで出発!寅天井堰へ向かいます。が、お盆なので道が混んでいて予想より時間がかかってしまいました。
今回、バスの運転では三月くんと一真くんのお父さんが大活躍してくださいました。

e0008880_11554532.jpg
寅天井堰を見学しているところ。昔は水をめぐっての争いが絶えなかったそうです。

e0008880_11595615.jpg
つぎは日吉ダムを見学。大きいなぁ。
ダムの説明ビデオを見せていただいたり、井上所長さんにお話をしていただいたりしました。

e0008880_1234835.jpg
ふだんは入れない、ダムの内部も案内していただきました。下に行くと、とっても寒い!

e0008880_1284421.jpg
e0008880_1293921.jpg
日吉ダムをあとにして、京北町に向かいました。山国神社近くの上桂川で川遊び。みんな気持ちよさそう。

e0008880_17103648.jpg 川遊びの後、フォーラム運営委員山本さんのお宅でシャワーを貸してもらいました。山本さん宅は古い民家を美しく再生されています。子どもたちは、はじめて見る五右衛門風呂にびっくりしていました。

e0008880_12115259.jpg
宿泊は京都府立ゼミナールハウスにお世話になりました。
花火を楽しんだあと、子どもたちで、感じたことや考えたこと、疑問を話し合いました。ダムの中に入ったことや川遊びが印象的だった子どもが多いようです。

ワークショップ1日目はこれで終了。
ですが、子どもたちはお泊まりがとても楽しいようで、夜遅くまで笑い声がきこえていました。明日、大丈夫~?

mori



by kodomo-mizu-machi | 2006-08-23 12:19 | 活動報告

雨の桂川を歩いたよ

2006年7月23日、京都市右京区の桂川と有栖川に行きました。子ども18名、大人7名が参加しました。

e0008880_11512216.jpg
嵐山の渡月橋右岸側で全員集合。
つい先日まで国土交通省で川の防災のお仕事をされていた専門家の宮本さんと、「有栖川を考える会」の会長で当フォーラム運営委員の大西さんも一緒に、川歩きスタートです。


e0008880_1157401.jpg
当日は雨。観光客でにぎわう、いつもの美しい桂川はありません。流れは速く、水はにごっていて、川面には霧のようにもやがかかっています。6月10日に川歩きに来たときとは、全くようすが違いますね。梅津在住でいつも桂川を見ている大西さんに案内してもらいました。


e0008880_1222980.jpg
堤防をてくてく歩いています。川岸の植物のようすもよく見て。なんでツル性の植物が多いんだろう?

「岸がだらだらと川につながっていると、雨が降れば水が浸かるし、また陸になる。これを繰り返すわけやね。そういうところはヨシなんかが生える。それがもともとの川の植物(自然)やったんやね。それが今、常に陸になっているから、陸でよく育つツル性の植物が生える。同じように魚もそうで、アユモドキとか本来川にいる魚がどんどん減っている。外来種のブルーギルやブラックバスは常に深い所が得意。昔からいた小さな魚はそういうところで喰われてしまう。琵琶湖でも同じようなことが起こっているよ」と宮本さん。


e0008880_12152068.jpg
ハザードマップの看板を発見。正式には「浸水想定地図」というそうです。桂川の堤防がもし壊れたら、どの地域にどれだけ水がつくのかを示した地図です。写真は宮本さんの説明を聞いているところ。
「ぼくの家、めっちゃ浸かる!」 「うちはあんまり浸からへん」と、子どもたちは自分の地域を確かめていました。


e0008880_12254437.jpg
梅津の自治会館をお借りさせていただくことができ、昼食をとりました。
そのあと、有栖川の河口付近(有栖川は、桂川にそそいでいます)で1時間ほど川遊び。男の子たちは、ずぶぬれになってはしゃいでいました。
有栖川では、なんと今ある道路を廃止して、人が川に近づきやすくなるように改修工事をしています。改修が終わったら、また来たいですね。


e0008880_12292092.jpg
「なに捕まえたん?」 「ザリカニ!」


e0008880_12302776.jpg
たっぷり遊んだあとは、自治会館で桂川歩きや川遊びの感想を話し合いました。

子どもたちからは、「今日はけっこう激流やったし、落ちたらやっぱり怖い」 「かっこいい流木を見つけた」 「どのくらいまで水が多くなったら、避難勧告が出るの?」 などの感想・疑問が出ました。宮本さんからは水害についてのお話もききました。


今回は、雨の中、増水した川を見ることができ、すこし珍しい川歩きになりました。子どもたちは、いつもの美しく楽しい川ではなく、「危険で怖い川」も感じたようです。
これから台風の季節。増水した桂川を思い出して、大人のひとと一緒に「もしも堤防が壊れたら?」と考えてみてください。

mori



by kodomo-mizu-machi | 2006-08-09 12:54 | 活動報告

活動報告日記
by kodomo-mizu-machi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

子どもと川とまちのフォーラム

カテゴリ

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧