<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧




秋晴れの西の湖に行ったよ

10月15日(日)、滋賀県の安土で行われたイベント「第2回 BYスタンプラリー現場交流会 西の湖へ行こう!!」に参加しました。子ども10名、大人8名が参加しました。

フォーラムメンバーは朝はやく京都駅に集合し、滋賀県の安土町に向かいました。
安土町は織田信長がたてさせた安土城跡があることで有名な、のどかな地域です。かつては琵琶湖の内湖である大中の湖、小中の湖などに接していましたが、戦前戦後の食糧難に伴う食糧増産計画でそのおおくの部分が干拓されて消えてしまいました。現在は、小中の湖の一部の「西の湖」だけになっています。

e0008880_1549670.jpg午前は西の湖のほとりにある「やすらぎホール」にて、東近江地域の活動報告や音楽紙芝居「ヨシ物語」の上演がおこなわれました。ヨシ笛の美しい音色にうっとり。


お昼は地元で環境の活動をされているみなさんが焼きソバや炊き込みご飯をふるまってくださいました。「おなかいっぱい!ごちそうさまでした」

e0008880_1550016.jpgお昼休憩の間に、西の湖で遊んだり、ちかくの集落を少し歩きました。ゆったりした雰囲気を感じました。
e0008880_1551161.jpg
写真は東近江環境保全ネットワークの丹波さんに、地域の特徴などを聞いているところです。

e0008880_1792820.jpg
午後はお楽しみの「西の湖水遊び」。舟に乗せていただき、西の湖を巡りました。和船組とEボート組にわかれて、出発。当日は秋晴れで風が気持ち良く、とても楽しい体験になりました。

mori



by kodomo-mizu-machi | 2006-10-31 15:26 | 活動報告

KBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演しました

10月10日(火曜日)、子どもと川とまちのフォーラム副代表の塚本が、KBS京都ラジオに出演しました。

出演したのは、笑福亭晃瓶さんと中村薫さんがパーソナリティをつとめる「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」という番組の「雨水活用で節水!」というコーナーです。
塚本が10分程度インタビューにこたえさせていただきました。

mori



by kodomo-mizu-machi | 2006-10-31 14:40 | 活動報告

川体験からの学習と洪水のお話

 2006年9月30日、醒ヶ井の家にて、川体験からの学習と洪水のお話を開き、子ども15名が参加しました。
まずは塚本さんからいままでの活動のなかで歩いた川の様子を比べながらお話を聞きました。
e0008880_10564525.jpg
こどもたち、みんな自分の身近にある川やみんなで川歩きした川を比べながら川の特徴について学びました。塚本さんからは「川で大事なのは連続性。そうかんがえたときにダムの役割。魚道の役割ってなんやろう」と問いかけがありました。また「人が手入れしないと川もいい自然にならない」「魚道があるからといって100%魚が利用するわけではない」と話されました。
 次に三谷貴大君が桂川の増水したときの写真を元にそのときの様子を発表してくれました。
e0008880_1114043.jpg
貴大くんが見せてくれた桂川の写真はみんなが2006年7月23日に行った雨の日の桂川歩きの5日前からの様子でした。写真の中の桂川は霧が濃く、すごく水も増えていました。みんな川歩きした時以上の川の水量に驚いていました。
 さいごに、みんなの英語の先生・森川康子さんから長野県岡谷市での洪水ボランティアの体験のお話を聞きました。e0008880_1112331.jpg
ボランティアでは水の引いた家の泥かきをされたそうです。泥をかき出さないと木は腐ります。また、康子さんは水に浸かって使えなくなってしまった物の分別作業もされていたそうです。被災者の方はいっきに家が無くなったり土砂が流れてきたので「PTSD」になられたかたも多いそうです。ボランティアの人たちが来ることで少しづつ元気も取り戻されていったそうです。もし、水害が起こったらボランティアにもいきたいですね。
 Inoue



by kodomo-mizu-machi | 2006-10-02 12:18 | 活動報告

活動報告日記
by kodomo-mizu-machi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

子どもと川とまちのフォーラム

カテゴリ

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧