<   2007年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧




桂川淀地域を歩いて洪水体験者のお話をきこう

 2007年3月11日(日)、桂川淀地域歩きと洪水体験者のお話を聴く会を行いました。午後には「横浜の川(水辺)と緑を考える子ども会議」へのテレビ電話での参加もし、内容は盛りだくさん。子ども16名、大人15名が参加し、にぎやかな一日となりました。

e0008880_3465092.jpg 今回は、子どもたちからの希望もあり、「洪水」という川の怖いところに焦点をあてての川歩きとお話の会です。フォーラム理事で淀住民の吉田さんにお世話になりました。京阪淀駅に集合し、出発。まず、淀城公園で吉田さんから、1日の流れと淀地域の説明を聞きました。

e0008880_3481292.jpg 淀地域の桂川。とても広く大きい川です。宮前橋を渡って、淀大下津町へ。風が強く、吹き飛ばされそうでした。

e0008880_349825.jpg 淀は桂川・宇治川・木津川の三川合流地域にあたり、過去に洪水が何度も起きています。大下津は、川幅を広げて堤防を強くする改修工事のために、過去3回、住民が移転したそうです。3回目の工事は、現在進行中。新しく堤防になる場所で吉田さんからの説明を聞きました。子どもたちの後ろに見える住宅は、移転のために川の後ろ側へさがった大下津集落です。
「住んでたところが川の底になるのは、きついなぁ」「ダムつくるときと一緒やな」と、東出くんと辻くん。洪水で人が命を落とさないために、川の改修工事はとても重要です。しかし、住んでいる方にとって住居の移転は大変なこと。子どもたちは、そんな複雑な気持ちを感じたようです。

つづき



by kodomo-mizu-machi | 2007-03-14 23:44 | 活動報告

活動報告日記
by kodomo-mizu-machi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

子どもと川とまちのフォーラム

カテゴリ

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧