<   2007年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧




初秋の高鼻川へ

 10月23日、右京区の高鼻川源流部へ行きました。初秋のさわやかな気候の中での沢歩きは、とても気持ちのいいものでした。子ども6人、大人2人が参加しました。
 高鼻川は、春・夏・秋と季節を通じて何度か訪れています。源流部で自然が多く、子どもたちからの「また行きたい」というリクエストが多い川です。

e0008880_19113885.jpg
 前日は少し雨が降っていたのですが、この日はいいお天気。さあ出発です。今回は、過去に高鼻川に来たことのある人もいれば、初めての人もいました。

e0008880_1912506.jpg
 途中で川の流れがなくなる部分があります。砂防ダムがあり、少しずつ土が溜まっていくので、次第に川は土の下に染み込むようになります。川がなくなりかけ、流れの弱いあたりで小さな魚を発見。森の中にはサワガニもたくさんいました。川よりも、森にたくさんいました。なんでやろう・・?
e0008880_19132170.jpg
 ムカゴとキノコ。他にもどんぐりや色んなキノコなど、秋らしい植物たちに出会いました。

e0008880_19135662.jpg
 水質調査中です。
水温13度、気温15度。COD:0、アンモニウム:0.2、リン:0.05、硝酸:1、亜硝酸:0.02でした。「水質もきれいや」と子どもたち。

e0008880_19142117.jpg


 お弁当のあとは、しばし日向ぼっこ。参加している子どもの年代はバラバラですが、川歩き中も休憩の時間も、会話が絶えません。子ども同士でのおしゃべりでは、学校での出来事や勉強の話をよくしているようです。
男の子たちは、元気に走りまわって遊んでいました。

e0008880_19155937.jpg

 今回は、野外で話し合いの時間もとりました。高鼻川の感想や、活動のテーマについて意見を出し合いました。

○川歩きの感想○
「塚本さんに、岩や木のことを教えてもらえた。勉強では習わないことが知れて面白かった。前よりサワガニがいっぱいいた。山にいっぱいいいて、ふしぎだった。なんか、まちとは全然違うなぁ」
「初めて高鼻川に来て、(源流部の自然の様子が)はじめは少し怖いと思った。でも、ここの怖さは人に優しい怖さかな? 高校に入って都会に行くようになった。都会はみんな自分の事で急いでいて怖い。人間味が失われているような感じがする」
「(今までの高鼻川歩きを振り返って)冬に来た時は、生き物がいなくて、山や森を見て歩いた。夏には生き物は少なかったけど、川に入るのは気持ちよかった。聾唖の方との交流もできた。そして今回、秋は意外と生き物や虫も多い。違う季節の変化を見れてよかった」

○活動テーマについて○
「今までたくさん川と触れ合ってきて、『好き/嫌い』『楽しい/楽しくない』など色々なことを感じたと思う。そんな「感覚」について考えてみたらどうかな?」

e0008880_19164190.jpg
 下山。ケガなどもなく、無事に川歩き終了。次回は事務所で、川歩きを振り返って話し合いをする予定です。


mori



by kodomo-mizu-machi | 2007-11-19 19:19 | 活動報告

身近なようで身近でない?堀川を歩きました

 10月14日(日)、堀川通の東側を今出川から御池まで、南北に通っている堀川を歩きました。子ども6人、大人3人が参加しました。

 前回は比較的自然の多い紙屋川の上流部に行きましたが、今度はまち中の川歩きです。
 昔から人の手でつくられ、現在は水が無い、典型的な堀り込みの都市型河川である堀川と、その周辺を歩きました。午後からは子どもリーダーを中心に、事務所にて話合いをしました。子どもの参加人数は少なめで、こじんまりと家族的な雰囲気で進みました。

【午前の堀川散策】
 ふだん水が流れていない堀川は、近々、疏水などから水を取って流れをつくる改修工事(※)が始まります。そのために、合流式下水が従来のように激しい雨でオーバーフローして大量の下水が堀川に入らないように、、下水用の大きな土管を堀川通に通す改修工事がまづ進められていました。

e0008880_19373193.jpg

 以前、堀川が始まるところには、小川(こかわ)から水が入っていました。その付近の町並みを散策しましたが、このあたりは優美なたたづまいを感じる門構えの利休庵とともに、茶道関係の屋敷や道具を展示販売している町家が集まっています。通りを隔てて、問屋風の大きな商家が立ち並んでいて、まち全体が50年程前までの、何かゆっくりした時間の流れと落ち着きを感じさせてくれました。

e0008880_1938712.jpg

e0008880_19382470.jpg


 小川跡を堀川へ辿って行く途中で、前を掃除しているご婦人に小川の事を尋ねたところ、子どもの頃の遊び場であったこと、また洪水で被害を受けたことを、思い出しながら話して下さいました。

e0008880_1939647.jpg

 堀川に沿って歩き、まづは一条戻り橋を経て、第一(石)橋に。そこで川底に降りて、下からも川を少し見て歩きました。このあたりの護岸の石積みはりっぱで、二条城の石積工法を思わせるものでした。また近くにはチンチン電車が渡っていた鉄橋の、如何にも人の手で造られたと思わせる堅固な土台も見つかりました。
e0008880_19392584.jpg


 その後、堀川が表れている御池まで側道を歩きました。その間はどちらかと言えば殺風景で、唯一、二条城の前あたりでは、先程と同じ護岸の石積が見られました。

(※子どもたちに説明しました改修についての資料は、京都市河川課から提供して頂きました)

【午後の話し合い】
 午後は事務所で話し合いです。
 まず、川歩きの感想から。「(今は水がながれていないので)、昔、流れていたと思うと不思議」「町の風景を見るのも楽しい」などの意見がでました。

次に、『これからどんな川に行きたいか?』。
「ひとつの川を季節ごとに歩くのもいいが、いろいろな川に行って、その比較をしながらいろんなことを知って行きたい」という意見が多くありました。その他には、「船に乗ってみたい」、「海に行きたい」や「二泊で行きたい」などの希望も。

 この2週間後には、一変して初秋の高鼻川源流部での沢歩きにをしました。この日の活動の様子も、また改めて報告させていただきます。

tsukamoto
mori



by kodomo-mizu-machi | 2007-11-16 19:36 | 活動報告

活動報告日記
by kodomo-mizu-machi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

子どもと川とまちのフォーラム

カテゴリ

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル