<   2009年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧




海辺の遊学 舞鶴夏休みワークショップ09

 夏の活動報告第2弾です。
 8月8~9日、毎年恒例の夏の1泊ワークショップを開催しました。
 1日目、烏丸御池で全員揃い、レンタルバスでいざ出発。ドライバーは、理事の東出パパ。バスの中では、隣同士で楽しくおしゃべり。お姉さんたちは、宿題の話や学校の話が盛り上がっていました。(私moriはというと、寝不足と強力な酔い止め薬を飲んだ為か、猛烈な睡魔に襲われ、スタッフ失格でした・・・)

e0008880_2105686.jpg

e0008880_2111142.jpg
 順調に舞鶴に近づき、引揚記念公園で昼食です。海はもうすぐそこ。

 宿泊する野原地域に到着。お世話になるのは、民宿 藤森さん。漁師業と民宿の経営をされています。お天気が怪しかった今回のワークショップ。雨が降らないうちに、早速水着に着替えて海へ。海水浴場は、家族連れでにぎわっていました。

e0008880_2121196.jpg
 曇り空だけど、子どもたちは元気いっぱい。思いっきりはしゃいでいました。川で泳ぐことはあるけれど、海はあまり馴染みの無いフォーラムの子どもたち。違いを体感できたのではないかと思います。初参加の小さい子どもたちも、遊びの中で徐々に他の子どもたちと馴染んでいました。お姉さん達は、まん丸の砂団子を作ることに熱中。きれいなお団子が出来上がっていました。

つづき



by kodomo-mizu-machi | 2009-09-18 20:24 | 活動報告

鞍馬の山川 子どもたちの川体験交流

 少しブログ更新が滞っていて、ごめんなさい。もう風はすっかり秋ですね。この夏の活動報告を、ぼちぼちとしていきます。

 まずはじめは、鞍馬川歩き。
 8月4日、夏真っ盛りの時期に、涼しい鞍馬へ行ってきました。今回は、鞍馬小学校の子どもたちとの交流もでき、実りの多い1日となりました。

 出町柳駅に集合し、まずは鞍馬山へ出発!
e0008880_18192312.jpg
 今回は、途中までケーブルで移動しました。「ケーブルって何?」と、ケーブルに乗ったことのない子どもは興味深々。
e0008880_18202473.jpg
 気持ちの良い参道を歩いて、頂上に到着。
e0008880_18203576.jpg

e0008880_1828295.jpg
 お昼休憩です。外で食べるご飯は美味しいね。こんなにお天気がいいと、なおさらです。

 自由時間では、のんびり座っている子どももいれば、山道を歩いて義経も喉を潤したといわれる湧き水を探しにいく子どもも。
e0008880_18213422.jpg
 「この水、飲めるの?」と、不安げな鞍馬初体験の子ども。以前にも訪れたことのある先輩の子どもが「めっちゃおいしいで!」とすすめていました。結局は、全員が湧き水の味を楽しんでいたようです。前に来た時よりも、出てくる水の量がかなり減っていました。ちょろちょろと辛うじて出てくる水のそばに、こんな札が。
『雨が少なく、水が止まっています。残念で淋しいことです。地球環境の変化でしょうか?お水を大切に!!』

 鞍馬山では、手水舎(てみずや)や蛇口など、水が出てくるところに『お水さんありがとう』と書いてあります。「水」に「お」がついているのは、敬意のあらわれでしょうか。そして、「さん」には、水に対する親しみが込められているような気がして、素敵な言葉だなと思います。


e0008880_1822879.jpg
 休憩のあとは、お参りをして、ゆっくり下山。これは、由岐神社の大きな木です。

 午後からは、鞍馬小学校の子どもたちとの交流です。教室で少し自己紹介をして、近くの二ノ瀬川へ。
 水がとっても冷たかった二ノ瀬川。冷たいので、はじめ子どもたちは水に浸かろうとしません。そこへ塚本さん、誰よりも先に、少し段差のあるところに横たわり、川の流れにのって、ざぶーん。子どもたちはそれを見て、大笑い。「私もしてみたい~!」と、子どもたちは次々と川の流れに身を任せて楽しみました。
e0008880_18231669.jpg

e0008880_18233237.jpg

e0008880_182485.jpg
 生き物を探す子どもいました。特にタニシがお気に入りらしく、たくさん集めて遊んでいました。


e0008880_18242861.jpg
 川遊びに夢中な子どもたちのなか、お兄さんの貴大くんは一人黙々と水質調査中。。。結果は、とてもきれいな水だったそうです。

 楽しい川歩きを終え、小学校の教室で、感想のやりとりをしました。
【子どもたちの感想より】
・ゆめか―川の水は冷たかった。生き物もいて、楽しかった。
・なつ―今までしたことがなかったから、(川の段差で)滑るのが楽しかった。
・ちひろ(鞍馬)―川にあんまり入ったことがなくて、流れが強くて楽しかった。今日は楽しかったから、よう寝られるわ!
・こうしろう(鞍馬)-タニシがとれて楽しかった。

 川遊びの「楽しい」気持ちを、こういった場で表現することは難しいといった意見もあり、「交流」の方法についても考えるところのある1日でした。
e0008880_18245271.jpg

 今回の川体験交流のために、鞍馬小の校長先生には、準備段階から何度もやりとりをしていただきました。また、当日は教頭先生と教諭の方にお世話をしていただきました。ありがとうございました。これからも、この繋がりを大切にしながら活動をしていければと思います。

mori



by kodomo-mizu-machi | 2009-09-17 18:28 | 活動報告

藤野森神社の駆馬神事の見学と七瀬川

5月5日、こどもの日、藤森神社の駆け馬を観に行きました。藤森神社の行き帰りの道中の琵琶湖疏水や七瀬川の文化財的な石橋があったり、神社に行くまでにもまちの様子や川沿いのたくさんのものをみてきました。


藤森駅から藤森神社までの道のり、琵琶湖疏水を辿っていきます。琵琶湖疏水水によって、この地域では、生活に使う水を運んでいます。そこで、この水の流れや量について、私たちが1日に使う水の量と、まちに暮らす人々の数と、計算してみたり、考えてみました。
e0008880_15522748.jpg


川を見ても、なかなか自分の使う、まちの人たちが使っている水という印象は思いつかないね。
e0008880_15505191.jpg


疏水の下を通っている川があるね。どんな仕組みなんだろう。
e0008880_15513632.jpg


七瀬川の石橋 この橋の作り方、技術、どんなところが優れているのかな?
e0008880_15524968.jpg


住宅地を抜けて、神社に近くなっていくと、人がいっぱいになってきました。
大きな木がいっぱいの神社、若葉の色がきれいです。境内の路地には出店がずらりと並んでもう、それだけでワクワクしてきます。
e0008880_15534014.jpg




まずはお参り。手を清めるところで、神社で書かれている、水に対する教え
伏見・藤森はずっと水の豊かな土地でした。なので、水を使った仕事が栄えました。
e0008880_15545995.jpg

e0008880_1555273.jpg




駆け馬が始まる前に、お昼ご飯と、楽しみにしていた出店でのお買い物
出店でのお買い物のお祭りの日だけに味わえる特別な楽しみ
お小遣いと相談しながら
e0008880_1556328.jpg



大迫力の駆け馬 馬の走る姿と馬に乗る人の姿に魅せられます。
馬に乗る人は、代々藤森神社の地域に住まわれている方で、誰もが、この駆け馬の騎士になれるのではないそうです。馬の上で、いろいろな技や乗り方を披露します。それを、いろいろな地域の人が観に来て、境内はたくさんの人

【藤森神社 参考】
http://www.youtube.com/watch?v=CY19imnq-TM
http://www.fujinomorijinjya.or.jp/kakeumasinnjinew2.html

みんなの協力で毎年開かれる伝統行事 いつまでも駆け馬が開催されてほしいです。


地域の力で開催できるお祭りと、琵琶湖疏水とまちの関係、、昔の橋の技術の素晴らしさを見た1日でした。

kubota



by kodomo-mizu-machi | 2009-09-17 15:59 | 活動報告

活動報告日記
by kodomo-mizu-machi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

子どもと川とまちのフォーラム

カテゴリ

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル