第8回「子どもの水辺」交流会in京都

平成27年1月24日(土)10:00-16:00
場所:京都テルサホール
参加者数:子ども 4名、保護者 4名
     フォーラム理事 3名、学生スタッフ2名

京都市南区にある京都テルサホールで第8回近畿「子どもの水辺」交流会in京都が行われ、
フォーラムからは4名の子どもが参加しました。

第1部では、近畿の水辺で活動する29団体の子どもたちが全員集まり、
開会式を行いました。
開会式では、今回の交流会のテーマである「水辺のむかし、いま、これから」の
「むかし」を取り上げた寸劇などが行われました。

e0008880_15464294.jpg


第2部では、6グループに分かれてそれぞれの団体の子どもたちが日頃行っている活動について
ポスターを用いて発表し、水辺の「いま」について知ることができました。
フォーラムの子ども達も頑張って作ったポスターを使って、発表をしました。
残念ながら来ることができなかったお友達の分もしっかりと発表できました。

e0008880_15501774.jpg


第2部の後、昼食休憩と体験交流プログラムがあり、
展示ポスターを見たり、きき水体験、宇治玉露体験など様々な体験ができました。


第3部では、「これからの水辺をどんな水辺にしたいか」という題で、
水辺の「これから」について各グループで意見交流会をしました。
普段の活動から感じたこと、考えていることなどを「文化・環境・防災」に分けて
子どもたちが意見を出し合い、
水辺に対する様々な考え方に触れることができました。

e0008880_15543958.jpg


グループ別交流会の最後には、交流の証として、理想の水辺の絵を描きました。

e0008880_160482.jpg


第4部では、また全体で集まり、第3部でそれぞれのグループで出た意見を一つにまとめました。
フォーラムの子どもも大勢の子どもや大人の前で自分の意見を発表している姿を見ることができ、
普段参加しているフォーラムの子どもの成長を感じ、頼もしく思いました。

e0008880_1664960.jpg


e0008880_167859.jpg


「これからの水辺をどんな水辺にしたいか」という意見交流会は、
文化:遊びたくなる川
環境:自然を大切に守る川
防災:防災について学べる川
という意見でまとまりました。

e0008880_1694562.jpg


そして、みんなで描いた絵を一つにつなげて、京都の三川合流の絵を作り上げて、
交流会は終了しました。

今回の交流会では、自分たちが日頃行っている活動をみんなにしってもらうために発信をしたり、
自分たちの活動以外の活動を知ったりするだけでなく、
違う活動をしていても水辺に対して共通する意見があることを知ったり、違う意見に触れたりと、
子どもたちにとって刺激のある一日になりました。

私自身も、子どもたちが普段の活動で感じていることを知ることができ、
私が思っているよりも多くの発見を子どもたちが活動の中でしていることが分かりました。
また、初めて会った多くの人の前で堂々と意見を出す姿を見て、成長を感じ嬉しくなりました。

最後になりますが、ブログの更新が遅れてしまいすみませんでした。
1年間子どもたちと貴重な活動を楽しく体験することができました。
本当にありがとうございました。

京都教育大学 阿部



# by kodomo-mizu-machi | 2015-03-02 16:10

子どもの水辺交流会に向けて(1)(2)(3)

(1)平成26年11月8日 (土)10:00-16:00
(2)    12月13日(土)10:00-16:00
(3)  27年 1月17日(土)10:00-16:00
場所:(1)(2)京都教育大学キャンパス
   (3)京都エコロジーセンター
参加者数:子ども 5名、保護者 1名
     フォーラム理事 2名、元こども 1名、学生スタッフ1名(2回目の活動は2名)

平成27年1月24日(土)に行われる第8回「子どもの水辺」交流会in京都に向けて、
子ども5名が集まり心強い助っ人のフォーラム元子どもの協力を得て発表準備を行いました。

まずはじめに、1年間の活動を振り返り、印象に残っている活動や、
その時に感じたことなど自由に意見を出し合いました。
出た意見をホワイトボードに書いてまとめました。

e0008880_15102462.jpg


次に、模造紙にどのようにまとめるのかについて話し合いました。

e0008880_15202891.jpg


話し合いでそれぞれが印象に残った活動を担当して模造紙に描くことが決まり、
ポスターを作り始めました。

e0008880_15254598.jpg


描いた絵の上に付箋を貼り、その活動で感じたことを書きました。

e0008880_15291173.jpg


「自然の楽しみ方」を題として、1年間の活動が詰まった素晴らしいポスターができました。

e0008880_15303460.jpg


出来上がったポスターを使って発表練習を行いました。

e0008880_15312537.jpg


交流会に向けての3回の活動では、1年間の活動を振り返りながら、
5回の活動で子どもそれぞれが感じたこと、思ったことを共有することができました。
また、5人で協力して一つのものを作っていく過程で、意見を積極的に出し合うこともでき
良い経験になりました。



# by kodomo-mizu-machi | 2015-03-02 15:23

たらい舟に乗ってみよう in近江舞子内湖

平成26年9月28日(日)9:00-15:50
場所:近江舞子内湖
参加者数:子ども 24名、保護者 15名
     フォーラム理事 5名、講師 7名、学生スタッフ4名

当日、9時、10時にJR京都駅、JR近江舞子駅にそれぞれ集合し、
白汀苑(近江舞子水泳場)に向かいました。

到着後、活動のはじめの挨拶を行い、琵琶湖のクイズを交えながら、
琵琶湖について、内湖ができたしくみについて楽しく学びました。

e0008880_14144187.jpg


昼食は琵琶湖を見ながら、外で食べました。

e0008880_141788.jpg


e0008880_14173888.jpg


e0008880_1418371.jpg


昼食をとった後は、自由時間がありました。
琵琶湖に入って遊んだり、砂で遊んだりと、自由に活動しました。

e0008880_14204463.jpg


e0008880_14211366.jpg


午後からは、A、B、Cグループに分かれて、
たらい舟体験、ボートで内湖めぐり、ヒシの実試食体験を行いました。

たらい舟体験では、講師の方が操縦するモーター付きのたらい舟に乗り、
内湖にあるヒシの実を収穫する体験を行いました。

e0008880_1438434.jpg


ボートで内湖めぐりでは、ボートの乗り内湖を一周しながら講師の方に
内湖について説明していただく貴重な体験ができました。

e0008880_14392062.jpg


ヒシの実試食体験では、内湖で収穫したヒシの実を講師の方に調理していただき、
中の実をとって食べました。
栗に似ているという感想が多かったです。

e0008880_1441896.jpg


e0008880_14413417.jpg


3つの体験の後、記念撮影をしました。

e0008880_14514342.jpg


今回は、これまでの川での活動とは違い、湖での活動でした。
同じ水辺でもまた違った環境の中で貴重な体験ができました。
ご協力いただいた講師のみなさま、ありがとうございました。



# by kodomo-mizu-machi | 2015-03-02 14:53

山科川ガサガサ探検隊

平成26年9月13日(土)10:00-14:00
場所:山科川と旧安祥寺合流付近
参加者数:子ども 8名、保護者 2名
     フォーラム理事 2名、講師 1名、学生スタッフ3名

当日、10時に山科川と旧安祥寺川合流地点付近に集合しました。

はじめに、活動のはじめの挨拶、自己紹介を行った後、
淀川管内河川レンジャーの居原田さんから、
ガサガサ探検についての説明をしていただきました。

e0008880_13242357.jpg


e0008880_13291160.jpg


e0008880_13293721.jpg


ライフジャケットを着用し、ガサガサ探検を開始しました。
タモ網などを使って、川の中にいる生き物を探しました。

e0008880_13311441.jpg


e0008880_1332311.jpg


お昼なり、一度川からあがり昼食を食べました。

e0008880_13331951.jpg


午後からも生き物探しを行いました。
この日は天気が良く、ガサガサという音に混ざって、
バシャバシャという音が聞こえました。

e0008880_13381242.jpg


活動の最後にゴミ拾いも行いました。

e0008880_13403293.jpg


ガサガサで捕まえた生き物を観察しました。
オイカワやムギツクなどの魚がいました。

e0008880_13413528.jpg


カメも見つかりました。

e0008880_13431546.jpg


前回の京北での活動では、水の中で遊ぶ楽しさを感じることができ、
今回の活動では、水の中の生き物に目を向けた活動をすることができました。
ご協力いただいた淀川管内河川レンジャーのみなさまありがとうございました。



# by kodomo-mizu-machi | 2014-12-10 15:37

京北の川でおもいっきり川遊び

平成26年8月1日(金)8:30-17:00
場所:京北上桂川とふるさと京北鉾杉塾「茅のいえ」
参加者数:子ども 19名、保護者 4名
     フォーラム理事 7名、講師 9名、学生スタッフ5名

当日、いつもより早く8:30に京都駅に集合し、
貸し切りバスで「茅のいえ」に向かいました。
今回は、夏休みということもあり多くの子どもたちが参加してくれました。

目的地に到着し、理事からのあいさつ、塾長の河原林さんから「茅のいえ」の
説明をしていただきました。
また、今回ともに活動する子ども、大人の自己紹介もあわせて行いました。

e0008880_14362148.jpg


「茅のいえ」にはその名のとおり茅葺屋根のいえがありました。

e0008880_1437117.jpg


その前には、蓮が広がる池があり、池の中を通る板の道を歩いて、
蓮や池の中を観察しました。

e0008880_14384455.jpg


池の中には黒メダカ、隣を流れる水路にはカニ、原っぱにはバッタなどの虫がおり、
観察したり、捕まえたりして子どもたちも楽しみました。

e0008880_14431222.jpg


昼食は、茅のいえの前で食べました。

e0008880_14452732.jpg


昼食を食べた後、ライフジャケットをつけて川に向かいました。

e0008880_14462347.jpg


目的地に到着し、用意していただいた丸太を使って川の中で遊んだり、
飛び込んだりと、休憩を挟みながら元気いっぱい活動しました。

e0008880_1450841.jpg

e0008880_14502633.jpg

e0008880_14503933.jpg


大人は川の中や傍でその様子を見守ります。

e0008880_14565237.jpg


あっという間に時間が過ぎ、最後に水質調査をしました。

e0008880_151741.jpg

今回の活動でも、きれいな水であることを確認することができました。

最後に「茅のいえ」に戻り、最後の挨拶と記念撮影をしました。

e0008880_1534488.jpg


ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。



# by kodomo-mizu-machi | 2014-12-10 14:40

麦の家「里山のくらしを体験しよう!」

平成26年7月12日(土)10:00-16:00
場所:滋賀県大津市穴太「麦の家」
参加者数:子ども 14名、保護者 5名
     フォーラム理事 4名、講師 1名、学生スタッフ4名


当日、京阪穴太駅から歩いて今回の講師の山崎さんがご家族と里山のくらしをされている、
「麦の家」に向かいました。

まず、全体で集まり、涼しい風の吹く茅葺屋根の家の中で、理事からの挨拶、
山崎さんから麦の家でのくらしについてのお話をしていただきました。
つづいて、1日ともに過ごす仲間同士、自己紹介をしました。

e0008880_1681057.jpg


午前中は、さっそく麦の家の畑や、畑で使う水が流れるきれいな小川、
砂防ダム周辺の探検をしました。

畑にいる虫を持参した虫取り網で捕まえたり、川では、カニを見つけることもできました。

e0008880_16183787.jpg


山崎さんに砂防ダムの役割についての説明をしていただき、上から砂防ダムを見学しました。

e0008880_14304585.jpg


お昼になり、茅葺き屋根の家に戻り、昼食を食べました。
茅葺き屋根の家の中は、涼しい風が吹き快適でした。

e0008880_1438624.jpg

e0008880_14392247.jpg


昼食を食べ終わり、のんびりと休憩をした後、
山崎さんから、自然と一緒に暮らしていくことについてのお話をしていただきました。
お話を聞いて、私たちも自然の中で生きているということを改めて感じました。

午後からは、琵琶湖が見える高台を目指して山を登りました。
急斜面も多く大変でしたが、お互いに助け合って進むことができました。
e0008880_14582972.jpg


天気も良く街や電車、そして琵琶湖がよく見えました。
e0008880_1522423.jpg


そのまま山道を進み、穴太野添古墳にたどり着きました。
休憩をしたり、大きな木に登ってみたりと自由に活動しました。

e0008880_15142575.jpg


麦の家に帰ってきて、水質調査を行いました。
畑で使う水が流れるきれいな小川は水質調査の結果からも
とてもきれいだということをみんなで確認することができました。
e0008880_1525448.jpg


最後に全員で集まり、今回の活動をまとめて終わりました。

e0008880_2433113.jpg



麦の家の山崎さん、ご家族のみなさんありがとうございました。



# by kodomo-mizu-machi | 2014-10-23 16:22

カヤネズミのすみかを見に行こう!&はじめの寄り合い

平成26年6月14日(土)9:00-15:30
場所:淀大下津桂川流域(午前)・京都教育大学キャンパス(午後)
参加者数:子ども 13名、保護者 10名
     フォーラム理事 6名、講師 2名、学生スタッフ4名


平成26年度第1回目の活動は淀の大下津桂川流域から始まりました。
午前中の活動は「カヤネズミのすみかを見に行こう!」

まずはじめに開催挨拶があり、
つづいて、乙訓の自然を守る会の講師の方からカヤネズミの生態、
宮前橋付近の調査地について、モニタリング調査の説明をしていただきました。

e0008880_1413546.jpg


イ点からヌ点の目印を頼りに4班に分かれて散策を開始しました。

e0008880_14102350.jpg


散策のフィールドはカヤネズミのすみかにもなる茅がたくさん生い茂っており、
その中をかき分けながら進んでいきました。

e0008880_143116.jpg


さまざまな虫の鳴き声に混ざって特徴的な鳴き声のオオヨシキリという野鳥の声が
よく聞こえました。

虫を捕まえたり、桑の実を食べてみたり、自然の中で発見がたくさんありました。

e0008880_1465913.jpg


発見したものや感じたことをワークシートに記録します。

e0008880_14102533.jpg


残念ながら、カヤネズミの発見には至りませんでしたが、子どもたちの発見は
今回の活動の大きな収穫になったと思います。



午後からは、京都教育大学のキャンパスに移動し昼食をとった後、
講義室で第一回の寄り合いを行いました。
はじめて会うお友達の前で一人ひとり自己紹介をしました。
自己紹介のお題は、「今、はまっていること。」
子どもも大人も最近自分のなかで流行していることを紹介して、
より一層お互いのことを知ることができました。

自己紹介の後、昨年度のかわまちの活動報告と、
今年度の活動予定をパワーポイントを使って発表してもらいました。
活動に参加しての感想を交えながらの発表で去年度の活動の様子がよく分かりました。

e0008880_14204646.jpg


寄り合いでお互いのこと、かわまちのことを知った後は、
かわまち理事の吉田さんの講師の元、竹笛づくりを行いました。

e0008880_1432621.jpg


竹にプラスチック片をつけて、息を吹き込むと低くて大きな音が鳴ります。
より大きな音を目指して、自分なりに工夫をして竹笛づくりに取り組みました。
おともだちと音を鳴らしあいながら楽しく工作をすることができました。

e0008880_1433678.jpg


竹笛づくりの後、今回の活動の振り返りと次回予告を行いこの日の活動を終わりました。


最後になりましたが、ブログの更新が遅れてしまいすみませんでした。
2回、3回の活動も順次投稿していきます。


京都教育大学 阿部



# by kodomo-mizu-machi | 2014-06-21 11:35

第13回 子どもと大人の「寄り合い会議」

平成26年3月1日㈯ 11:00-12:30
場所:龍谷大学 深草キャンパス
参加者数:子ども4名、大人11名

第10回京都・環境教育ミーティングで、寄り合い会議が行われました。

e0008880_1105541.jpg

はじめにゲームを行い、大人も子どもの心を取り戻しました。

e0008880_111256.jpg

これまでの活動を振り返り、今後してみたい活動について意見を出し合いました。

「やってみたい活動」
・たらい舟でレース
・つり、川滑り、カヌー
・合宿、キャンプ
・博物館に行く
・食べ物(ブラックバス、フナなど)を食べてみたい
・山登り
・谷川、水路歩き
・ツリーハウスをつくる
・森にいく
・はしやお茶碗づくり
・森林浴
・ガラス細工

などの意見が出ました。


午後は
「楽しい・気持ちいい 環境教育音楽」に参加しました。
e0008880_1111036.jpg


竹で笛やマラカスをつくって演奏しました。

e0008880_1111764.jpg

シンガーソングライターの石田さん、和編鐘奏者のゆきねさんの演奏を聴きました。
e0008880_111249.jpg



蝦名



# by kodomo-mizu-machi | 2014-03-03 11:08

淀の「とんど焼きをやってみよう!」

平成26年2月2日(日)

場所:淀大下津桂川流域

参加者数:子ども6人、未就学児1人、理事5人、保護者5 人、学生スタッフ8人の計25人+関係者3人

e0008880_10413487.jpg

はじめに公民館に集まり、自己紹介などを行いました。


とんどを作る作業が始まりました。
e0008880_1042424.jpg


e0008880_10431818.jpg


e0008880_10433847.jpg


立たせる作業はかなり難しかったです。
e0008880_10441321.jpg


きれいに立ちました。
e0008880_10442932.jpg


みんなでわらを運びます。
e0008880_10444274.jpg


e0008880_10445866.jpg


とんど以外にもたくさん遊びました。
e0008880_10452018.jpg

e0008880_1045674.jpg


いよいよとんど点火!
e0008880_10453188.jpg


e0008880_10455131.jpg


e0008880_1046365.jpg

残り火でお菓子を食べました。
e0008880_10461058.jpg


蝦名



# by kodomo-mizu-machi | 2014-03-03 10:52

第7回 近畿「子どもの水辺」交流会 in滋賀

平成25年11月23日(土)
場所:大津港~琵琶湖[大型客船ビアンカ・学習船うみのこ]
子ども10名
引率4名
応援12名




e0008880_16311080.jpg



はじめにビアンカに乗船し、グループ別交流会に参加しました。


e0008880_16295998.jpg


ビアンカでは、他グループと言葉を出さずに誕生日の順に並ぶゲームで緊張をほぐしていました

e0008880_16374279.jpg


少しの時間でしたが、子ども達で発表の打ち合わせをしました

e0008880_16413460.jpg


緊張気味でしたが、無事にフォーラムの発表を終えました。

その後は、昼食を食べ、うみのこでいろいろな体験学習を行いました。

e0008880_16452581.jpg


e0008880_16455166.jpg



最後の全体の交流会では、自ら手を挙げ発言をする子がたくさんいました。

e0008880_16472431.jpg



帰りは滋賀県知事と写真を撮りました。
e0008880_16482229.jpg


京都教育大学
蝦名



# by kodomo-mizu-machi | 2013-12-27 16:48

活動報告日記
by kodomo-mizu-machi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

子どもと川とまちのフォーラム

カテゴリ

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル